面接試験が苦手という就活生も実は多いのです。

 

できるだけ面接試験から逃れるために、公務員を目指すという人もいるぐらいです。もちろん、公務員試験でも最終的には面接試験を行う必要があるのですが、公務員試験は民間企業の就職試験ほど面接は重視されないという話があります。

 

しかし、もはやそれは都市伝説化され、公務員試験でもどんどん面接重視の傾向は高まっているのです。実際に、平成24年度からの国家公務員試験では、人物評価を今まで以上に行うという変更がなされています。

 

そうなると、民間企業の就活試験でも、公務員試験の受験でも、胆になる要素は同じということになります。

 

それは、受験生自体の人柄や人間性を見られる試験へと移行しているということです。そもそも、公務員試験というのは就職試験ですから、民間企業と選考方法が異なるというのはおかしな話です。

 

面接試験というのはなかなか対応が難しいと言う考えを持っている人が多いようです。確かに、評価の基準があいまいという点ではそれも頷けます。

 

一方、しっかりとした志望動機を組むことができればそれほど難しいことでありません。それは、民間企業でも公務員でも変わりありません。

 

自分の中に明確な志望動機を持つことが面接試験攻略の鍵になります。

民間企業の就職試験といえば、筆記試験よりも面接試験が重視されるというのは昔からの定番です。

 

確かに、筆記試験や適正試験も実施するのですが、それはあくまで形式的であることが一般的です。勝負は「面接試験」という大前提は、今も昔も同じこと。民間企業では、頭の良い人材よりも、仕事のできる人材を求めています。

 

何をもって「仕事ができる」と定義するかどうかは難しいのですが、少なくても成績が良いから仕事ができるということにはならない、そういったことを民間企業では早くから気付いていたように思います。

 

一方、公務員試験の世界では、民間企業と比較すれば「筆記試験重視」の傾向が強かったという感は否めません。

 

しかし、国家公務員試験も人物重視へと試験制度が変わっていきます。

 

記事の続きを読む »

就活だけに限ったことではありません。世の中にはたくさんの面接試験と言われるものがあります。

 

入学試験で行う面接試験や、社会人になってから行う昇進・昇格のための面接試験。我々は人生の中で何度も面接試験を行わなければなりません。もちろん、面接試験が得意だという人はそれほど多くはないというのが現状です。

 

もっとも、面接試験が得意!という人に限って、良い評価というわけではないことが多い。その理由はどこにあるのでしょうか?

 

面接試験というのは、面接官からさまざまな質問をされてそれに対して口頭、あるいは身体全体を使って(表現して)自分の考えなどを回答していく試験です。

 

面接試験に自信がある人というのは、たいてい「自分を大いに売り込む」ということが好きな人です。つまり、自分に自信を持っているいる人。

 

一見するとこういった人の方が、自分に自信がない人よりも積極的に見えるので、高い評価になりそうな気がします。しかし、必ずしもそうではありません。

 

なぜならば、自信がある人というのは、面接試験がプレゼンテーションになりやすいからです。もちろん、質問に回答する以上は、しっかりと自分の考えを伝える必要があるのも事実です。

 

しかし、プレゼンテーションというのは一方的な情報発信になりがちです。

 

記事の続きを読む »

1 2 3 4 5 6 26

ページ上部に