面接対策の重要性

就職内定戦略を考えるうえでは、逆算して考えることがポイントになります。

 

つまり、「面接対策」から考えていくことが必要なのです。

 

面接には実は全ての要素が詰まっています。

 

「志望動機」「自己PR」「業界研究」と言った知識や思考、あなたの思いはもちろんのこと、能力面にもそれは及びます。

 

  • マナー
  • 表現力
  • 論理性
  • 積極性
  • 行動力
  • 協調性
  • 柔軟性

など、他にもたくさんあります。

このような能力は、いざ面接をする段階になって高めようとしてもそれほど簡単なことではありません。

 

しかし、予めこのような能力が「評価される」ということが分かっていれば、はじめから意識して対策を立てることが可能なのです。

 

最終的な面接を意識することで、それ以外の能力も事前に高めておく必要があるという意識が働けば、ライバル学生よりも断然有利であることは間違いありません。

 

このように、逆算して考えることで、今の時点で何をすれば良いのか全体像が分かるようになります。

 

これが、就職内定戦略を構築することの最大のメリットです。

 

やることさえ分かってしまえば、ライバルよりも先手を打って動きを取ることができます。ライバルが面接の練習をし始めたから自分が面接の練習を行うのではなく、ライバルがまだそういった全体を意識していないうちに我々は内定を見越した対策を取ることができるのです。

 

この差は最終的には相当大きな差となって現れることになります。

 

そして、早ければ早いほど良いのは言うまでもありません。

ページ上部に