NLP

NLPの通信講座が非常に人気だという。

 

NLPを学んで欲しい人

 

NLPというのは、コミュニケーションスキルを飛躍的に高める方法を学ぶことができる一種のスキル。就職時のコミュニケーション能力を高めるという目的には最適なもの。

 

しかし、このNLPを学ぶ人の目的は意外と多岐にわたる。例えば、「恋愛に役立つ」という理由で学ぶOLなども非常に多い。そもそもNLPとは面白いもので、受講する男女には半々だということだ。

 

一般的に資格講座やビジネススクールなどでは、圧倒的に男性の比率が高い。女性が半数を占める資格試験などはほとんどないし、女性に人気の社会保険労務士という資格であっても女性の占める比率は多くて4割だ。

 

しかし、NLPは半数ぐらいを女性が占める。その理由は、恋愛力を高めることができるということだ。恋愛というのは、コミュニケーション力が非常に重要で、それは出会いから始まり、付き合いが始まっても同様。

 

そんな女性の中には学生も結構含まれているという。もちろん、就活にも極めて役に立つのだから、それはそれでOKなのだ。NLPはいろいろな用途があるという意味で人気なのだろう。

就活面接がピークを迎えています。

 

今年は昨年の震災の影響で出だしが遅かったということもあって、まだまだこれからが就活においては勝負の時期が続きます。

 

就活においては、グループディスカッションの重要性が高まっているのはもちろんですが、その理由は「コミュニケーション力を見たい」からです。そして、個別面接ではどうでしょうか?

 

実は、就活面接(個別面接)でも、実は問われているのは「コミュニケーション能力」なのです。

 

個別面接は、「志望動機が重要だ!」「志望企業の分析をしっかりしておけ!」などいろいろなことを言われます。

 

これは、面接官が行う個々の質問を見て、「○○が聞かれたから、○○が重要」というように、ある意味短絡的に考え出されたものともいえます。

 

もちろん、だからといって志望動機が重要ではないということではありません。当然ですが、志望動機がない、あるいは一貫性がない、ということになれば採用されることはないでしょう。

 

続きを読む »

就活で最も重要なのはなんでしょうか?

 

志望動機?それとも、頭の良さ??あるいは、情熱???

 

これらは間違いではありませんが、正しいともいえません。では、内定を勝ち取るために最も重要視しなければならないスキルとはなんでしょうか?それは簡単です。企業に聞けば良いのです。

 

そんなことは可能でしょうか。実は可能なのです。というのも、経団連((社)日本経済団体連合会)という組織はご存知でしょう。大手の企業が集まってさまざまな活動を行っている団体です。その経団連が企業を対象に行ったアンケート結果があります。

 

このアンケート調査は、【新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査結果】といい、2011年の9月に経団連から発表された資料です。

 

これを見ると、企業が新卒者の何を最も重視して採用の可否を決めているのかが分かります。

「選考にあたって特に重視した点」の第一位は、圧倒的な差を付けて「コミュニケーション能力」となっています。

 

つまり、企業は採用時にコミュニケーション能力の有無を重要視しているということがいえます。だからこそ、最近はグループディスカッションの重要性が高まっているといえるでしょう。当ブログでもそれについては何度もご紹介をしているところです。

 

グループディスカッションであれば、個別面接では見る事ができない受験生の生きたコミュニケーション能力を見ることができるからです。

 

続きを読む »

ページ上部に