面接試験

公務員試験も就活といえば就活ですが、やはり民間企業とは少し毛色が違うかも知れません。

 

そんな公務員面接試験対策講座が東京・新宿で開催されます。

 

その名も、「既卒、社会人限定”絶対に新卒に負けない面接実践講座(マナー編)」

 

なんだか、公務員試験よりも民間の就職面接試験で効果を発揮しそうな内容。もちろん、講師は民間の就職面接でも有名なプロ講師が担当。

 

公務員の面接試験も、民間企業同様にどんどん対策が重要担っているということですね。

 

公務員面接試験実践講座の詳細

 

就活だけに限ったことではありません。世の中にはたくさんの面接試験と言われるものがあります。

 

入学試験で行う面接試験や、社会人になってから行う昇進・昇格のための面接試験。我々は人生の中で何度も面接試験を行わなければなりません。もちろん、面接試験が得意だという人はそれほど多くはないというのが現状です。

 

もっとも、面接試験が得意!という人に限って、良い評価というわけではないことが多い。その理由はどこにあるのでしょうか?

 

面接試験というのは、面接官からさまざまな質問をされてそれに対して口頭、あるいは身体全体を使って(表現して)自分の考えなどを回答していく試験です。

 

面接試験に自信がある人というのは、たいてい「自分を大いに売り込む」ということが好きな人です。つまり、自分に自信を持っているいる人。

 

一見するとこういった人の方が、自分に自信がない人よりも積極的に見えるので、高い評価になりそうな気がします。しかし、必ずしもそうではありません。

 

なぜならば、自信がある人というのは、面接試験がプレゼンテーションになりやすいからです。もちろん、質問に回答する以上は、しっかりと自分の考えを伝える必要があるのも事実です。

 

しかし、プレゼンテーションというのは一方的な情報発信になりがちです。

 

続きを読む »

就活というのは、就職活動の略です。

就職というのは職に就くということですが、何も民間企業だけが就活先ではありません。実際のところ、公務員も就活先としては有望です。

 

好景気には見向きもされない公務員。しかし、不景気になると常に注目の的になるのもまた公務員なのです。

公務員が学生に人気の理由は、

  • 給料が安定している
  • 基本的に一生働くことができる
  • 社会貢献に直接寄与することができる

といった理由が中心でしょう。

 

一方で、公務員になるためには公務員試験に合格しなければなりません。公務員試験は、筆記試験と面接試験から構成され、面接試験は通常の企業と同じ形式ですが、筆記試験は民間企業以上の勉強が要求されます。

 

また、公務員試験は夏場から始まるため、民間企業の就活と並行して進めることが難しいというのもあります。公務員試験に残念な結果になってからでは民間企業の就職先を探すのは時期的に難しく、一方で民間企業にウエイトを置きながら公務員の勉強もしようとすると公務員の勉強が中途半端になってしまう、という問題があります。

 

二兎を追うもの一兎を得ず・・・ではありませんが、両方を並行して追いかけるのではなく、どちらかに決めるということが必要になりそうです。

そういった意味では、公務員の方がリスクがありそうですが、実はそうでもありません。

 

公務員試験は確かに筆記試験が量も多く、勉強は大変ですが、その分「勉強した人が合格することができる」という意味で、運的な要素が強い民間企業とは少し異なります。

 

つまり、がんばった人が報われやすいというのが公務員試験の特徴でもあります。

 

また、民間企業同様に、併願で受験することは日程が被らない限り可能ですから、リスクの分散を図ることも可能なのです。

 

就活に公務員試験という選択肢も入れてみると良いかも知れません。

 

公務員試験についての詳細は、

公務員試験超高確率合格法-地方・国家公務員に短期で合格勉強法サイト

が勉強の仕方など非常に充実しています。
« Older Entries
ページ上部に