面接官

就活だけに限ったことではありません。世の中にはたくさんの面接試験と言われるものがあります。

 

入学試験で行う面接試験や、社会人になってから行う昇進・昇格のための面接試験。我々は人生の中で何度も面接試験を行わなければなりません。もちろん、面接試験が得意だという人はそれほど多くはないというのが現状です。

 

もっとも、面接試験が得意!という人に限って、良い評価というわけではないことが多い。その理由はどこにあるのでしょうか?

 

面接試験というのは、面接官からさまざまな質問をされてそれに対して口頭、あるいは身体全体を使って(表現して)自分の考えなどを回答していく試験です。

 

面接試験に自信がある人というのは、たいてい「自分を大いに売り込む」ということが好きな人です。つまり、自分に自信を持っているいる人。

 

一見するとこういった人の方が、自分に自信がない人よりも積極的に見えるので、高い評価になりそうな気がします。しかし、必ずしもそうではありません。

 

なぜならば、自信がある人というのは、面接試験がプレゼンテーションになりやすいからです。もちろん、質問に回答する以上は、しっかりと自分の考えを伝える必要があるのも事実です。

 

しかし、プレゼンテーションというのは一方的な情報発信になりがちです。

 

続きを読む »

就職活動試験の中でも中心的な役割を担うのが「面接試験」です。

 

就職試験には学力試験や適正試験など、さまざまな試験が実施されることがありますが、どの企業でも絶対に実施されるものが「面接試験」であり、1回だけということは少なく、少なくても2回は最低でも実施されます。

 

この面接試験、企業によってやり方は様々なので、就活生としてはなかなか対応が厄介であるといえるでしょう。

 

面接官に虐めらた時は 面接試験では、「圧迫面接」というものがあります。

 

これは、簡単に言えば面接官に就活生が虐めに近いような質問を浴びせられることをいいます。「君の考えは甘いねぇ」というようなことを言われたり、あるいは、回答した質問に対して徹底して掘り下げるような質問をしてきたり、圧迫の仕方はさまざまです。

 

こういった圧迫質問をされると就活生としては、「縁がなかった」「自分を落とそうとしている」「自分は嫌われている」などと考えるケースが大半です。

 

しかし、現実的には圧迫された=即不採用ということではありません。むしろ、圧迫された就活生の方が「内定している」という事実も少なくないのです。

 

続きを読む »

就職面接で緊張しているようでは「内定はないよ」という人がいます。

就職面接で「どうしても緊張してしまう」という悩みを抱えている人も少なくありません。

もっと練習して緊張しないようにしなければ・・・

そんな思いで連日、鏡に映る自分と面接の練習に余念がないという就活生もいるかも知れません。

しかし、少し問うてみたいことがあります。

それは、

「就職面接で緊張すると内定はでないのか?」ということです。

もっと言えば、「就職面接で緊張しない人は存在するのか?」

ということです。

プロのアスリートでも、芸能人でも、大きな舞台や本番では緊張するのが当然です。彼らのように舞台で競技や演技をするプロであっても本番では緊張する。

毎日、稽古をしているのに関わらずです。

ならば、本番で緊張しないということの方がおかしいということもある意味事実でしょう。

むしろ、真剣に対策(練習)をすればするほど、緊張感は高まる。それは、どうしても内定を取りたいという熱意や思いがそこにあるからです。

面接官たる企業の人事担当者もその辺は承知しています。

緊張しているからといって内定を出さないということはない。

続きを読む »

« Older Entries
ページ上部に