資格

特定職種では必須、それ以外は?

よく言われていることに、就活に資格は役立つかということがあります。

 

結論は簡単で、「ないよりはあった方が有利」であるということです。資格を持っていることによって損をする人は誰もいないわけですから、当然といえます。

 

では、既に持っている資格はそれで良いとして、新たに資格を取る必要があるのか?ということになります。

まず、最低限持っていたほうが良い資格を持っていないなら取りましょうよ、ということはいえるでしょう。

 

例えば、「自動車運転免許」は取得したほうが良いです。たとえ、首都圏のように電車移動が当たり前で車に乗る必要性がなくても将来のことを考えると自分的にも会社的にも取得しておいて欲しい資格です。

 

その他、志望する業界が決まっている学生は、業界で必要になると思われる資格検定は今から取得しておく(取得の準備をしておく)と良いでしょう。仮に取得していなくても、就活の面接時に「現在○○資格を勉強中です」と自信を持って言えるかどうかはポイントになることがあります。

 

例えば、IT系であれば情報処理に関連した資格は必須でしょう。金融系であれば、会計系の資格(簿記など)が必要になりますし、保険系であればFPの資格を検討したいところです。

 

続きを読む »

ページ上部に