説得力

就活対策というと、本を読んで情報を仕入れるということが中心になります。

それはそれで間違いではありませんが、頭でっかちになることは避けなければなりません。

就活で最もポイントになるのは、自分の魅力を高めること。企業から「この人が欲しい」と思ってもらうことができるような人材になることが大切です。

そして、それが企業に伝わるかどうかというのは、あなたの情報伝達力に委ねられます。具体的には、面接試験における面接官とのコミュニケーションにおいてそれが発揮されることになります。

そうだとすると、面接における「伝える力」が重要であるということです。

しかし、いくら伝える力があっても、内容に説得力がなければ面接官の腹に落ちる内容とはなりません。もっと具体的にいうと、

  • 共感をうまない
  • イメージできない

内容になってしまうことがあるのです。

本で仕入れた知識を面接官に伝えるのは知識の披露です。

面接官はそんなことを望んでいるわけではありません。

続きを読む »

ページ上部に