評価

内定者に聞いた就活で最も大変だったのは?

 

「グループディスカッション!」

 

と、みんな同じことを答えるといいます。それほど、就職試験で厄介だと考えることができるのが、グループディスカッション試験なのです。

 

筆記試験と異なり、「どのように評価されるのか、基準が分からない」ということがその理由のようです。面接試験であれば、「この企業はこういった人材を求めている」という基準がなんとなく分かりますので、それに合わせた対策や対応をすることができる。

 

しかし、グループディスカッションとなると、いったい何を基準に判断されるのか?一般的に、グループディスカッションで面接官が何か口を挟むということはありません。つまり、就活生がグループの中で討議している姿とジーと見ながら評価をするわけです。

 

しかも、グループディスカッションというのは面接試験よりも前に行われることが多く、GDを通過しない限り、その先の面接試験に進むことができないという仕組みになっています。このため、どんなに優れた志望動機を固めても、それをお披露目する間もなく、散ってしまうという状況に陥ります。

 

就活GD・グループディスカッションの評価方法と進め方 しかし、実はこの厄介なグループディスカッションですが、評価の基準が存在します。

 

そして、評価の基準は、企業が変わってもほとんど変わることはないということなのです。

 

だから、一度その基準を押さえてしまえばどこの企業でも対応することができる、そんな秘密があったのです。

 

就活グループディスカッションの評価基準、それはGDの進め方にも影響するもの。もっと詳しいことを知りたい場合、以下のサイトが参考になります。

 

就活GD・グループディスカッションの評価方法と進め方

ページ上部に