言葉遣い

就職活動の中でも基本となるものに「言葉遣い」があります。

学生から社会人へと変わるという中で、最も前提となる基本的かつ当たり前に要求される「言葉遣い」。それを見られるのは面接試験です。

 

個別の面接試験であればしっかりと社会人としての言葉遣いができる学生も、グループディスカッションや集団面接など、他の学生と絡む必要がある試験では学生言葉が出てしまうこともありますので、注意が必要になります。

 

対策というよりも自分のための言葉遣いを そもそも、よく考えてみれば社会人としての言葉遣いがしっかりとできるというのは、「面接対策」としてではありません。そこにいかに早く気づくことができるのかによってあなたの成長は大きく変わる可能性もあります。

 

つまり、言葉遣いというのは社会人としてのマナーであり、それがまともにできないようであれば、社会に出てから困るということです。

 

単に面接試験をクリアすることが目的ではありません。その先にある、社会人としての活躍の中で、言葉遣いというのは絶対的に必要になるものだということです。それに気づくことができれば、面接試験対策としてではなく、自分の成長という意味で言葉遣いを捉えることができるようになります。

 

そして、言葉遣いというのは、何も机に座って高められるという性質のものではありません。分かっていることが必ずしも実践できるとは限らないからです。分かっていることよりも、できるということが大切になります。

 

続きを読む »

ページ上部に