志望動機

面接試験が苦手という就活生も実は多いのです。

 

できるだけ面接試験から逃れるために、公務員を目指すという人もいるぐらいです。もちろん、公務員試験でも最終的には面接試験を行う必要があるのですが、公務員試験は民間企業の就職試験ほど面接は重視されないという話があります。

 

しかし、もはやそれは都市伝説化され、公務員試験でもどんどん面接重視の傾向は高まっているのです。実際に、平成24年度からの国家公務員試験では、人物評価を今まで以上に行うという変更がなされています。

 

そうなると、民間企業の就活試験でも、公務員試験の受験でも、胆になる要素は同じということになります。

 

それは、受験生自体の人柄や人間性を見られる試験へと移行しているということです。そもそも、公務員試験というのは就職試験ですから、民間企業と選考方法が異なるというのはおかしな話です。

 

面接試験というのはなかなか対応が難しいと言う考えを持っている人が多いようです。確かに、評価の基準があいまいという点ではそれも頷けます。

 

一方、しっかりとした志望動機を組むことができればそれほど難しいことでありません。それは、民間企業でも公務員でも変わりありません。

 

自分の中に明確な志望動機を持つことが面接試験攻略の鍵になります。

民間企業の就職試験で大切になるのは、

  • 志望動機の作成
  • コミュニケーション能力

の2つです。

もちろん、企業によって求める人材像は異なりますから、上記以外にもさまざまな能力は必要でしょう。そういった能力を総称して「就活力」と呼んでいます。

逆に、どの企業でも重要視するのが、志望動機とコミュニケーション能力なのです。

よく考えてみればそれもうなずけます。

そもそも星の数ほどある企業の中でどうして我が社を希望するのか?ということは、あなたが社長であるとしても入社希望者に問いたいことでしょう。

また、どんな仕事であっても人と絡まないことはありません。直接的・間接的、社内・社外など程度の差はあっても、必ず人間関係に関わることになります。

そうだとすると、コミュニケーション能力も極めて重要なのです。

もっと言えば、上記の2つがしっかりと固まっているあるいはできていれば、ほとんどの企業で通用するということもいえます。

あとの要素は細かなことであるともいえます。

続きを読む »

ページ上部に