就活対策本

内定者ですら嫌がる恐怖のグループディスカッション

 

就職試験は企業によって独自のものを行なっています。一般的に考えられるのは、

  • 筆記試験
  • 適正試験
  • 体力試験
  • グループディスカッション
  • 面接試験

となります。中には、エントリーシート(履歴書・志望理由書のようなもの)で選抜を行なう企業もあります。これらの中から企業が選択や組み合わせなどを行い、選考試験を実施することになります。

 

例えば、エントリーシート→グループディスカッション→集団面接→個別面接→個別面接→個別面接、というパターンなど無限に想定できます。

 

絶対的に実施されるのは「面接試験」で、それ以外は何を実施されるのかは分かりません。

 

そういった状況の中で最近増えている試験形式が「グループディスカッション」です。

 

しかし、このグループディスカッションですが苦手にする学生が非常に多いことで知れています。内定者にアンケートを取ると、グループディスカッションが一番てこずったと回答する学生が多くなっています。

 

それもそのはず、グループディスカッションでは見えない力関係が働いたり、というように実際に体験しないと分からないことが多いのです。

 

続きを読む »

複数の書籍よりも1冊の価値あるマニュアル

 

これから就職活動を行う学生は多いと思います。毎年、10月ごろより学校などで就職ガイダンスが始まり、そこを境に一斉に本格的な就職活動に突入していくことになります。

 

ところで、あなたは就職活動を行う際、どのくらいの就職対策本を購入するでしょうか?

 

3冊?5冊?10冊?それとも・・・

 

正直言って、たくさん買ってもそれほど丹念に読むということはありません。むしろ、情報が増えてしまって混乱する学生が続出するのが毎年の典型的なパターンです。ただでさえ、大量の情報に溺れてしまって何をしたら良いのか分からなくなる学生が多いのですから。

 

ひょっとしたら、あなたもすでにそういった情報に溺れ掛けているかもしれません。

 

就職活動は情報をどんなに大量に収集しても使わなければ意味がありません。価値の情報というのは行動して初めて意味のあるものになります。

 

本を読んで就職活動を行った気分になってしまう学生すらいるのです。実際には、行動しなければ意味がないのに。

 

これから就職活動を開始する学生にオススメの就活対策本があります。もちろん、既に就職活動を行っている学生にも人気の対策本です。

 

10冊読むよりこの1冊で決まり!

 

就職活動で重要なのは、情報を収集することではなく、どうすれば内定を取ることができるのかを考え、そして実行に移すことです。

 

つまり、考えて行動に起こすための素材として情報があるのであって、情報ありきの就職活動というわけではありません。

 

書店で販売されている書籍はそのあたりの明確な意図が不十分なため、役に立たないものが多いのです。

 

どうぞ、この1冊を読んで誰よりも早く、自分が希望する企業への内定を勝ち取って欲しいと思います。これ以外には情報はいらないと言っても過言ではありません。必要なのは、あなたの勇気と行動力だけです。

 

これから始まる就職戦争に燃えているあなたにオススメします。

 

就活最強マニュアルの詳細はこちらのページでご紹介しています

ページ上部に