友人

就活真っ只中の学生、あるいは今後本格的な就活を控えた学生にとって、お盆はまとまった時間となるものです。(学生の場合、今年は特に夏休みが長い傾向にあるため、そういった感覚は薄いかも知れませんが)

お盆といえば

  • 食う
  • 寝る
  • 遊ぶ

というのが中心で、「就活」や「勉強」といった考えからは遠さかるものです。

もちろん、それはそれで良いといえば良いのですが、いつもが休みのような状態になっているのであれば、何かお盆だからという特性を活かした就活ができないものでしょうか?

例えば、お盆といえば「帰省」がキーワードとなります。

帰省なんてしないで、ひたすら就活だ!という人もいるかも知れませんが、帰省というキーワードを考えれば昔の友人と会うことができるというのが最大の魅力です。

古くからの友人に会うことは、さまざまな情報をもたらします。

それは、昔の話をすることによる「自己分析」に繋がることだったり、最近の現状たる情報を交換することによる「気付き」だったり。

続きを読む »

就活を行なううえで、誰と一緒にいるのか?

そんなことも結構重要です。

なぜならば、人は自分と同じような波長の人と一緒にいることが多いからです。

これを、波長の法則とか、引き寄せの法則とか言ったりしますが、結局のところ、似たもの同士が集まるということを言っています。

確かに、自分の友達というのは自分と似た部分を持っているものです。

あなたの友人を見れば、だいたいあなたの人となりが分かる。それが現実です。

就活に上手く行っている人には、似た人が集まり、そうではない人にはそうではない似た人が集まる傾向にある。

仮にそうだとすれば、「就活に上手く行っている人と付き合うことで自分も上手く行く可能性が高い」ということが逆説的に言えることになります。

続きを読む »

ページ上部に