グループディスカッション

内定者と話をするときに、何に苦労したのかを聞くようにしています。そこに、今の就活対策のトレンドを見る事が出来るからです。

 

そして、就活で苦労したものは?という質問で一番多いのが「グループディスカッション」なのです。

 

  • 何を評価されているのか分からない
  • どう対策を練れば良いのか最後までわからなかった
  • 内容は適当だったけれど合格、一方で内容は完璧でも不合格・・・

みなさん、いろいろと現場で経験したようです。いずれにしても、グループディスカッションは足切りの性質を有するものですから、いくら自分の能力や情熱をアピールしたくても、個別面接までコマを進めなければそれも無意味。そこに立ちはだかる鬼門がグループディスカッションなのです。

 

だからといって、同じように全ての内定者がグループディスカッションに悩んだということでもありません。中には、全てのグループディスカッションをいとも簡単に突破している内定者も存在します。

 

もちろん、逆に「全てのグループディスカッションでダメだった」という内定者もいます。

 

なぜここまで大きな開きが出るのでしょうか?

 

続きを読む »

内定者に聞いた就活で最も大変だったのは?

 

「グループディスカッション!」

 

と、みんな同じことを答えるといいます。それほど、就職試験で厄介だと考えることができるのが、グループディスカッション試験なのです。

 

筆記試験と異なり、「どのように評価されるのか、基準が分からない」ということがその理由のようです。面接試験であれば、「この企業はこういった人材を求めている」という基準がなんとなく分かりますので、それに合わせた対策や対応をすることができる。

 

しかし、グループディスカッションとなると、いったい何を基準に判断されるのか?一般的に、グループディスカッションで面接官が何か口を挟むということはありません。つまり、就活生がグループの中で討議している姿とジーと見ながら評価をするわけです。

 

しかも、グループディスカッションというのは面接試験よりも前に行われることが多く、GDを通過しない限り、その先の面接試験に進むことができないという仕組みになっています。このため、どんなに優れた志望動機を固めても、それをお披露目する間もなく、散ってしまうという状況に陥ります。

 

就活GD・グループディスカッションの評価方法と進め方 しかし、実はこの厄介なグループディスカッションですが、評価の基準が存在します。

 

そして、評価の基準は、企業が変わってもほとんど変わることはないということなのです。

 

だから、一度その基準を押さえてしまえばどこの企業でも対応することができる、そんな秘密があったのです。

 

就活グループディスカッションの評価基準、それはGDの進め方にも影響するもの。もっと詳しいことを知りたい場合、以下のサイトが参考になります。

 

就活GD・グループディスカッションの評価方法と進め方

内定者ですら嫌がる恐怖のグループディスカッション

 

就職試験は企業によって独自のものを行なっています。一般的に考えられるのは、

  • 筆記試験
  • 適正試験
  • 体力試験
  • グループディスカッション
  • 面接試験

となります。中には、エントリーシート(履歴書・志望理由書のようなもの)で選抜を行なう企業もあります。これらの中から企業が選択や組み合わせなどを行い、選考試験を実施することになります。

 

例えば、エントリーシート→グループディスカッション→集団面接→個別面接→個別面接→個別面接、というパターンなど無限に想定できます。

 

絶対的に実施されるのは「面接試験」で、それ以外は何を実施されるのかは分かりません。

 

そういった状況の中で最近増えている試験形式が「グループディスカッション」です。

 

しかし、このグループディスカッションですが苦手にする学生が非常に多いことで知れています。内定者にアンケートを取ると、グループディスカッションが一番てこずったと回答する学生が多くなっています。

 

それもそのはず、グループディスカッションでは見えない力関係が働いたり、というように実際に体験しないと分からないことが多いのです。

 

続きを読む »

« Older Entries
ページ上部に