民間企業の就職試験といえば、筆記試験よりも面接試験が重視されるというのは昔からの定番です。

 

確かに、筆記試験や適正試験も実施するのですが、それはあくまで形式的であることが一般的です。勝負は「面接試験」という大前提は、今も昔も同じこと。民間企業では、頭の良い人材よりも、仕事のできる人材を求めています。

 

何をもって「仕事ができる」と定義するかどうかは難しいのですが、少なくても成績が良いから仕事ができるということにはならない、そういったことを民間企業では早くから気付いていたように思います。

 

一方、公務員試験の世界では、民間企業と比較すれば「筆記試験重視」の傾向が強かったという感は否めません。

 

しかし、国家公務員試験も人物重視へと試験制度が変わっていきます。

 

国家公務員試験では、平成24年度実施の採用面接から試験区分(名称)や、試験形式の変更などを伴って実施されます。

 

中でも大きな変更点は、「人物重視」であること。そもそも、地方公務員試験では、既に人物重視の傾向は広がっており、集団討論(いわゆるグループディスカッション試験)が実施されたり、面接も数回行われるなど、しっかりと人物を見るということを行っていました。

 

一方、国家公務員はそれほど面接試験を重視していたわけではありません。やはり、第一次試験の筆記試験の得点を重視していたという傾向があります。

 

しかし、平成24年度からの国家公務員新採用試験では、人物評価の得点(ウエイト)が大きくアップしました。最近は公務員の不祥事も広く見られるようになり、また、筆記試験の得点が良い人物が必ずしも仕事ができるということでもない、ということに気付いたということになるでしょう。

 

確かに、国民・住民と触れ合う仕事が多いと言うことを考えると、国家公務員であってもコミュニケーション力が重要です。そういったことを重要視するようになったということでしょう。

 

結果的に、公務員試験は今までのように筆記試験で高得点を狙って、面接対策はほどほどに・・・ということではなくなりました。つまり、国家公務員の受験生も、面接対策をしっかりと行う必要が出てきたということになります。

 

これは、民間企業の就職試験と国家公務員の採用試験が似てきたということがいえるでしょう。

関連する記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

ページ上部に